2012年12月07日

R7RS draft 7

がいつのまにか公開されていました。

斜め読みしてみて気になった点:
・inexact->exact が単に exact という名前に
・exact->inexact が単に inexact という名前に
・real? の要件から exact? が消えた
・cond-expand の中で library の有無が判定できる
・feature のリストを返す手続き features
・eof-object を返す手続き eof-object
・promise を作る手続き make-promise
・promise を判別する述語 promise?
・boolean を比較する手続き boolean=?
・シンボルを比較する手続き symbol=?
・エラーの種類を判別する述語 file-error? と read-error?
・多値で変数定義する構文 define-values
・write が write, write-shared, write-simple の 3 種類になった
・範囲指定できる手続きがやたら増えた
・NaN に対する eqv? が未規定である旨が明記された
・string-ref と string-set! が定数時間でなくてよい旨が明記された
・他のファイルからライブラリ定義を取り込む include-library-declarations
・caar ... cddddr が (scheme cxr) という名前の新しいライブラリに移動
・read が (scheme read) という名前の新しいライブラリに移動
・display, write, write-shared, write-simple が (scheme write) という名前の新しいライブラリに移動
・R5RS 互換の手続きと構文を提供する (scheme r5rs) という名前の新しいライブラリが追加
posted by milkpot at 01:47| Comment(3) | Scheme
この記事へのコメント
Lua5.2リファレンスの日本語訳を
Windowsヘルプファイル(.chm)に変換しました。
許可があればアップロードして公開しますが構いませんでしょうか?
Posted by chill at 2012年12月21日 18:17
構いません。
Luaリファレンスの原文はLua本体と同様にMITライセンスなので、日本語訳もMITライセンス扱いでお願いします。
Posted by yuno at 2012年12月23日 01:38
訳文と同様に
Luaライセンスに従うことを明記して
公開しました。

http://mynickname.web.fc2.com/

ミラーおよびリンクは
必要応じてご自由にどうぞ。
Posted by chill at 2012年12月23日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: